有名人の聖書観


							
アブラハム・リンカーン
 一九世紀アメリカの大統領。奴隷を解放し、民主主義の基礎を確立した。彼は幼い頃から、母に聖書を読み聞かされて育った。
  「聖書は神が人間に賜った最もすばらしい賜物である。人間にとって望ましいものはすべて聖書に含まれている。」。

							
W.E.グラッドストン
 一九世紀イギリスの大政治家。爵位を授けられようとしたが自ら辞退し、偉大な平民として一生を終えた。
  「私はこの時代に、偉人と呼ばれる九五人の人を知っている。うち八七人は、聖書を奉ずる人であった。聖書の特色はその特異性にあり、他のあらゆる書物を、無限に引き離している」。

							
ウインストン・チャーチル
 第二次大戦中のイギリスの首相。イギリス人に勇気を与え、ヒトラーとの戦いを勝利に導いた。
 「私たちは確信をもって、聖書という『ゆるがない岩』の上に憩うのである」。

							
G・E・レッシング
 一八世紀ドイツの劇作家、思想家。ドイツ国民文学の創造において、目ざましい活躍をした。
  「宗教は、聖書が説いたがゆえに真理なのではなく、真理なるがゆえに聖書が説いたのである」。

							
ベンジャミン・フランクリン
 一八世紀アメリカの政治家、科学者、著述家。図書館、大学の設立などの推進、郵便事業の改善、その他多くの公共事業をなした。避雷針の発明者。
  「青年よ、あなたへの私の忠告は、聖書を知れ、そして聖書をかたく信ぜよ、ということである」。

							
インマヌエル・カント
  一八紀ドイツの大哲学者。人間は、理性に基づいて正しい行為をする者である、と説いた。
  「人間のための書物としての聖書の存在は、人類がかつて経験した中で最大の恵みである。」。

							
アイザック・ニュートン
  一七〜一八世紀イギリスの大物理学者。万有引力の法則の発見者。近代科学の成立をもたらした不世出の天才と言われる。
  「いかなる世界の歴史におけるよりも、聖書の中にはより確かな真理が存在する。

							
ウイリアム・ハーシェル
  一八〜一九世紀イギリスの大天文学者。天王星の発見者。そのほか多くの天文学的発見をなし、恒星天文学の祖と言われる。
  「人間の発見はすべて、ただ、聖書に含まれる真理を確証するために役立つものであると思われる」。

							
W.F.オルブライト
 不世出の天才と言われた二〇世紀の考古学者。幾つもの古代語を自由にあやつった。
  「聖書の記述中、問題となっている大きな点は全部歴史的であることが、証明されている」。

							
ジョージ・ワシントン
 アメリカ合衆国初代大統領 (一八世紀) 。建国の父として、国民から高い尊敬を得ている。
  「神と聖書なしに、この世を正しく統治することは不可能である」。

							
ジョン・ラスキン
  一九世紀イギリスの美術評論家。社会評論家。慈善事業にも関心を持ち、莫大な私財を投じた。
  「私が著作したことに何か功績があるとすれば、それはひとえに私が幼かった時、母が日ごとに聖書のある箇所を読み聞かせ、暗唱させてくれたおかげである」。

							
アルフレッド・テニスン
  一九世紀イギリスの有名な詩人。「イノック・アーデン」などの代表作がある。
  「聖書を読むこと、それが教育である」。

							
チャールズ・ディケンズ
  一九世紀イギリスの小説家。「クリスマス・キャロル」「オリバー・ツイスト」などの代表作がある。
  「新約聖書は、この世界でいまだかつてなかった、また今後もあろうとは思えぬ最善最良の書である」。

							
ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ
  一八〜一九世紀ドイツの詩人。多くの詩や「ファウスト」などの代表作がある。
  「人類の知的文化が進歩し、自然科学が進んでその広さ深さを加え、またいかに人類の心が望むままに広くなろうと、福音書から輝き出るキリストの高潔さと、道徳的修練を越えていくことはないであろう」。
 「 私が獄につながれ、ただ一冊の本を持ち込むことを許されるとしたら、私は聖書を選ぶ。

							
マハトマ・ガンジー
  二〇世紀インドの大政治家。非暴力による不服従運動によって、インドを独立へ導いた。
  「私の生涯に最も深い影響を与えた書物は、新約聖書である」。

							
山室軍平
 明治時代、「救世軍」日本支部司令官として伝道に従事し、婦人ホームの建設、免囚保護事業、労作館の創設、廃娼運動などの社会事業の面でも多くの業績を残し
た。
  「聖書は世界無二、宇宙第一の書物である」。

							
トマス・ハックスリー
  一九世紀イギリスの生物学者、進化論者。進化論を推進した人物のひとりだが、聖書についてこう述べた。
  「聖書は貧しい者、しいたげられた者の大憲章である。人類は聖書を捨て得る立場にはない」。

							

マルティン・ルタ−
 聖書は古いものでもなければ、新しいものでもない。聖書は永遠のものである。


1