Home Page Image
   
 

 


ヴィクトル・フランクルは、アウシュヴィッツの強制収容所の体験、観察にもとづいて「夜と霧」という書物を刊行したが、この中で人間が限界状 況のなかに立たされたときに、人はどのような態度をとるか、何が人を生かすのか、について、実例をあげながら叙述している。そのなかで、私たちが真にいき るためには、人生を問う観点の変更を必要とすることを書いているのである。
 私たちはよく自己を中心とした立場に立って、人生にいみがあるか?と問うのであるが、実は私たちこそ人生から問われているのだ、というのである。人生が 自分の思いどおりにならないと、一体人生に意味があるのか?と懐疑的になり,問うてみるのである。

しかし人生の意味を問うそのあなたは、今、どこに立って いるのか?そのことをまず、ひるがえって考えて見るべきである。この人生を見る観点が変わることによって、今まで見えなかったものが、本当の姿が、みえて くることが起こりうるのである。

 さてアウシュヴィッツ収容所における出来事であるが、二人の自殺を決意した人たちがフランクルのところに来て、自分たちの心境を、そして自殺を決意した ことを打ちあけたのである。そのときフランクルは彼らに向かって「あなたは、だれかあなたの帰りを待っている人がいないのですか?

あるいは、何かあなたを まっているもの,たとえば、あなたでなければなし得ない仕事というようなものでも、ないのですか?」とたずねた。すると、そのなかの一人は「私には妻子 が、私が無事であることを願い、ぜひ帰ってくるのを待っているのです」と答えた。もう一人は「私には私でなければだれも代わって、なしとげることのできな い仕事が待っているはずです」と答えた。そこでフランクルは「そうですか。その、あなたを待っている人たちのあなたへの期待に、またあなたを待っているそ の仕事の要請にあなたは応答しなければならないのです。

決して早まって自殺してはいけないのです。最後まで忍耐して、あなたを必要としている者たちに応答 しなければならないのです。生きるとは応答することです。自分のことだけを考えてはいけません」、と勧告したのであった。

 そしてやがてドイツは降伏し、彼らは収容所から解放されて帰国することができたのである。
 
 私たちは自分のことだけを考え、また、自分の見通しだけを尺度として、希望が持てなくなったから、自殺を決意し遂行しようとすることは、自己中心的であ り、自己主張を貫くことである。それは、与えられた生を全うするものではなく、自己破壊を自ら行うことになるだろう。私たちの生は他者への生であり、他者 に応答する生であるべきなのである。

それゆえに、上の強制収容所に入れられた場合、あるいはいろいろの事情の変化により、解放される以前に死を迎えること があるかもしれない。そういう極限状態にあっても、なお一日一日を、自分を必要としている他者のために最後まで応答し、最後まで忍耐し、行き通したという 事実こそ、その人は本当に立派に与えられた生を全うした、ということになるのである。結果がどうかを問わず、主体的に応答の人生を生きぬいた、その生は決 して空しくさるものではない。
 
 まことに人生を問う観点の変更は、わたしたちの生(他者への生において全うされる)を全うするために必要な条件である。

小田島 嘉久 : 著 :「キリスト教倫理入門」 : ヨルダン社