Home Page Image
   
 

 

 

ゆづり葉

子供たちよ。
これは譲り葉の木です。
この譲り葉は
新しい葉が出来ると
入れ代わってふるい葉が落ちてしまふのです。

こんなに厚い葉
こんなに大きい葉でも
新しい葉が出来ると無造作に落ちる
新しい葉にいのちを譲って---。

子供たちよ
お前たちは何も欲しがらないでも
凡てのものがお前たちに譲られるのです。
太陽の廻るかぎり
譲られるものは絶えません。

輝ける大都会も
そっくりお前たちが譲り受けるのです。
読みきれない書物も
みんなお前たちの手に受取るのです。
幸福なる子供たちよ
お前の手はまだ小さいけれど---。

世のお父さん、お母さんたちは
何一つ持ってゆかない。
みんなお前たちに譲ってゆくために
いのちあるもの、よいもの、美しいものを、
一生懸命造ってゐます。

今、お前たちは気が附かないけれど
ひとりでにいのちは延びる。
鳥のやうにうたいひ、花のやうに笑ってゐる間に
気が附いてきます。

そしたら子供たちよ。
もい一度譲り葉の木下に立つて
譲り葉を見る時が来るでせう。

谷川 俊太郎 著 : 詩ってなんだろう : 筑摩書房