Home Page Image
   
 

 

 

 

もうひとつの幸福のルール

 人は誰も幸福に生きたいと願う。だが幸福を定義するのは思いのほか難しい。
 ギリシャの哲人プラトンの答えは簡潔で美しい。彼にとって幸福とは、イデアの世界に秘められた「真善美」を体験することだった。人生は至高の存在と出会うための長い旅だった。

 現在でも、カルト宗教からエコロジーまで、世俗の文明を拒否し超絶的な価値を求める人々の列は続いている。私はそうした試みを否定する者ではないが、その列の最後尾に並ぼうとは思わない。私の貧弱な知性ではそれが真実か迷妄かを判別できないからだ。

 十八世紀のイギリス人ベンサムは「幸福とは快楽の充足であり、社会全体の快楽の増大がすなわち善である」と考えた。神なき時代に幸福を定義しようとすれ ば功利主義に拠って立つほかない。人間が神の玉座を占める社会では、法に従う限り、欲望を満たすあらゆる行為が許されている。

 もっともベンサムは自分勝手な行動を勧めたわけではない。人は一人では生きていけない。自分が幸福に生きるためには共に暮らす人たちにも幸福でいてほしい。夢見る現実主義者ベンサムは、功利主義が共同体への献身につながることを期待していた。
 幸福のかたちに諸説あっても、「自由」が幸福の条件であることに異論のある人はいないだろう。奴隷が幸福になれないのは自由を奪われているからだ。私達は自分自身の支配者であり、誰もその権利を侵すことはできない。

 ヒトは一匹の動物として生まれ、成長し、老い、死んでいく。この世に生を受ける前に親や社会を選ぶことはできない。ほとんどの日本人は、莫大な財政赤字 を抱え、少子高齢化に苦しむこの国とともに二十一世紀初頭を生きていくことになるだろう。そう考えれば、人生の大半は運命と呼ぶほかないものによって、あ らかじめ決めらている。だからこそ私達は、残されたわずかな自由を大切に生きるのだ。

 私はこれまで繰り返し同じことを述べてきた。
 人生を経済的側面から語るなら、その目的は何ものにも依存せずに自分と家族の生活を守ることのできる経済的独立を達成することにある。

 自由とは人生に複数の選択肢を持つことだ。国家であれ会社であれ、経済的に第三者に依存し、そこにしがみつくしか生きる術がないのなら、新たな一歩は永遠に踏み出せないだろう。
 独立のために一定量の貨幣が必要なら、与えられた資源を有効活用し、最短距離で目標に到達することで人生はより豊かになる。経済合理的に生きる意味はここにある----。

 自由や富が幸福な人生を約束するわけではない。それは未知の世界を旅する通行証のようなものではないだろうか。いつの日かその扉を開けてみたいと、私はずっと夢見てきた。

橘玲 : 著 : 「もうひとつの幸福のルール」 : 日曜日の人生設計 : 日本経済新聞2003年11月30日号