Home Page Image
   
 

 

 

贈りもの

贈りものをしよう
大切な人に贈りものをしよう
ほころぶ顔を思いながら
精一杯の思いをこめて
贈りものをしよう
安くてもちっぽけでもいい
手間ひまかけてていねいに包み
小さなカードにまごころを添えて贈ろう
「君が好きだよ」
「元気を出してね」
「一緒にがんばろうよ」
そのひとことで生きる勇気のわくことばを贈ろう
「僕が悪かった」
「君が必要なんだ」
「もう一度はじめよう」
その決心で世界が変わる贈りものを
たったひとりのあなたへ
さらには名も知らぬあなたへ
時にことばにさえできない思いをこめて
決してお返しのできない贈りものをしよう
おなかがすいて動けないひとにおいしいごはんを
家を焼かれた子供たちにあたたかいベッドを
自分の家族に贈るつもりで贈り続けよう
わたしもわたしを贈られたのだ
輝くいのちを
互いに触れ合うからだを
世界を味わうこころを贈られたのだ
さわやかな六月の朝を
胸にしみる十二月の夕暮れを
ささやかな家族を
かけがえのない友人を
才能を仕事を試練を成長を驚きを夢を乾杯を
永遠を宿すこの瞬間を
贈られたのだから
あふれんばかりに贈られたのだから
たくさんの時間を犠牲にし
いっぱい痛い思いをして
贈りものをしよう
なにもかも失った人に
みんなから見捨てられた人に
あなたの痛みにつながりたいと
そっと差し出す一本の手を贈ろう
その手を握ってくれた
あなたそのものが
わたしへの最高の贈りものだから
その瞳の奥で
目には見えないはずの贈りものさえ
一瞬ゆらめくから

晴佐久昌英 : 著 : だいじょうぶだよ : 女子パウロ会