Home Page Image
   
 

 


ねむりのもりのはなし

いまはむかし あるところに あべこべの くにががあったんだ
はれたひは どしゃぶりで あめのひは からりとはれはれていた
そらには きのねっこ つちのなかに ほし
とおくは とってもちかくって ちかくが とってもとおかった
うつくしいものが みにくい みにくいものが うつくしい
わらうときには おこるんだ おこるときには わらうんだ
みるときには めをつぶる めをあけても なにもみえない
あたまは じめんにくっつけて あしで かんがえなくちゃいけない
きのない もりでは はねをなくした てんしを
てんしをなくした はねが さがしていた
はなが さけんでいた ひとは だまっていた
ことばに いみがなかった いみには ことばがなかった
つよいのは もろい もろいのが つよい
ただしいは まちがっていて まちがいが ただしかった
うそが ほんとのことで ほんとのことが うそだった
あべこべの くにがあったんだ いまはむかし あるところに

長田 弘:著:「心の中にもっている問題--詩人の父から子供たちへの45篇の詩」 : 昌文社