Home Page Image
   
 

 


有難う

物が言えない私は
有難うのかわりにほほえむ
朝から何回もほほえむ
苦しいときも 悲しいときも
心から ほほえむ

六十近い父が
自動車教習所に
通い出した

免許証をもらったが
一度も運転しないで
天に召されてしまった

日記には
免許証を取って
源三を乗せたいと
書いてあった

母の上に

肩の痛さ足の痛さをこらえながら
重い孫をお守りしながら
体の不自由な私の面倒を見てくれる母の上に
愛のきわみなる神様
あわれと恵を 助けとささえを
豊かに御与え下さい

生きる

神さまの
大きな御手の中で
かたつむりは
かたつむりらしく歩み
蛍草は
蛍草らしく咲き
雨蛙は
雨蛙らしく鳴き

神さまの
大きな御手の中で
私は
私らしく
生きる,,

今日一日も

新聞のにおいに朝を感じ
冷たい水のうまさに夏を感じ
風鈴の音の涼しさに
夕ぐれを感じ
かえるの声はっきりして
夜を感じ
今日一日も終わりぬ
一つ事一つの事に
神さまの恵と愛を感じて

日本基督教団出版局 : 和田 登 作 : 「まばたきの天使」より

水野源三さんは、昭和21年小学校4年生の時に重症の赤痢に罹り、脳性マヒになった。水野さん自身の努力と、ご家族の献身的な介護で、瞬きで自分の 意思を表現できるようになった。4冊の詩集と短歌を残して、昭和59年47歳の生涯を閉じた。残されたそれらの作品は、今でも多くの人に勇気と生きる力を 与え続けている。