Home Page Image
   
 

 


神のこの世界

ああ、この世界、もっと親しく抱きしめたい!
    風を、広い灰色の空を、
    立ち昇って逆巻く霧やもやを。
あなたの森は、この秋の日、傷み、葉を垂れ、
燃えあがる色で泣いている。

ごつごつの巌(いわお)を砕いて砂とする一方で、黒い絶壁を
あのような傾斜で立ち上がらせる力!
ああ、この世界、もっと親しく近づきたいのに。
この世界の麗しさをわたしは知っている、と思っていた。

   でも、わたしというものを引き裂くほどの
   熱情が秘められていることを知らずにいたのだ。

ああ、神は、この秋をすでにあまりにも美しくなさったようだ。
わたしのからだには心は留まらず、憧れ出てしまう。
神よ、燃えあがる一枚の木の葉も舞わせないで、
どうか  鳥たちにも沈黙させて。

エドナ・セント・ヴィンセント・ミレー作


ターシャ・テューダー : 編 : 「心に風が吹き、かかとに炎が燃えている」〜ターシャ・テュダーと 
家族が愛する詩 : メディアファクトリー