Home Page Image
   
 

 


もしも私が、

自分の自我という最も高い山に

登っていくのなら、

もしも、私が、

大地も、大気も、目も、耳も、

足も、手も、生活も、

何もかもかなぐり捨てて、

自分の魂の最も高い頂きに

留まろうとするのなら、

その時、私は神に近づいていることになるのだろうか。

天に触れるためには、

どんな木によじ登ればよいのだろうか、

神にお目にかかろうとして登っても、

人間は失敗に終わる。

神は下ってこられる。

正しい人のところより、罪ある人のところへと

神は低く低く下ってこられるのだ。

 

イェルク・ツィンク : 著 :(宍戸 達 : 訳) : 「いばらに薔薇が咲き満ちる」 : 新教出版社