贈る言葉

人は人によって傷つき、人によって癒されるものです。

かといって、傷つきたくないからといって、一人で閉じこもっている人生は寂しいものです。幸せや充実感を味わうことができるのは、「モノ」や「外見」ではなく、「心と出会うこと」によるのです。

是非、このことを伝えたいといって残された言葉をご紹介いたします。
 

人物名
書物             
 書き出し
あ行 
アウグスティヌス
アドヴェントから降誕の喜びへ
真理を知るものは 光を知り、光を知るものは 永遠を知り、
アッシジの聖フランチェスコ
祈りよ 愛の言葉よ
主よ、わたしを、あなたの平和をこの世にもたらす道具にしてください。
アッシジの聖フランチェスコ
アシジの貧者
 説教したって何になろうか、兄弟たち?あなたがたに天国への小径を示したって、何になろうか?
アベ・ピエール
遺言・・・苦しむ人々とともに
「永遠なる主は愛である」。これがわたしの信仰の第一の基盤だ。
アルフォンス・デーケン
ユーモアと笑顔のすすめ
私の母国ドイツには「ユーモアとは《にもかかわらず》笑うことである」という有名な定義がある。
アンナ・ポリトコフスカヤ
チェチェン やめられない戦争
九月初旬に北オセチアのベスランという町で起こった悲劇は、
安野光雄
落ちてくる涙 なんの涙
全10巻を予定している「ハンセン病文学全集」(晧星社)の装丁を担当している。
アンブロシウス
魂への配慮の歴史3
光から光を呼び起こし、光の光、光の泉、日々を輝かす日
阪田寛夫
賛美歌21
幾千万の母たちの 幾千万のむすこらが、たがいに恐れ、憎みあい、
イェルク・ツィンク
いばらに薔薇が咲き満ちる
万物は過ぎ去り、過去もなくなる
五十嵐容子
日曜に出会う、すてきな親子
日曜の朝、信徒でもないのに礼拝に行く教会で、すてきな親子と出会いました。
イザヤ
聖書
わたしたちの聞いたことを、誰が信じえようか。主は御腕の力を誰に示されたことがあろうか。
池田晶子
科学と「バラ色の未来」』 
医療技術の進歩にも、目覚しいものがある。
石井錦一
信じられない日の祈り
神さま、どうしても赦せない人がいます。いかにしても愛せない人がいます
石井錦一
信じられない日の祈り
神さま、重い障害をもった子どもの親たちが、できることなら考えたくない
石井錦一
祈れない日のために
痛みのわかる愛を
石井錦一
祈れない日のために
痛みを共にする心を
石井錦一
祈れない日のために
地上の悲しみ
今西祐行
冬の祭り
私は山里の小さな部落に住んでいるのだが、いつも山の斜面の畑で会う老人がある。
色川大吉
未来を生きる君へ
石川啄木の詩にこうある。「われ知るテロリストの悲しき心を」。
ヴァージニア・サター
死ぬ瞬間と臨死体験
わたしはあなたを 束縛せずに愛したい 判定せずに称賛したい
梅津時比古
両手の音
若いときには、あきらめることが美しいとは、思いもしなかった。
上田紀行
生きる意味
私は「弱いものいじめ」をする社会が嫌いだ。
内村 鑑三
一日一生
私は私が好んで救われたのではない、私は私の意に逆らって救われたのである。
ヴィクトル・フランクル
キリスト教倫理入門
ヴィクトル・フランクルは、アウシュヴィッツの強制収容所の体験、観察にもとづいて「夜と霧」
内村鑑三
後世への最大遺物
それでドウゾ後世の人がわれわれについてこの人らは力もなかった、
ウィリアム・ワーズワース
イギリス名詩選
私の心は躍る、大空に虹がかかるのを見たときに。
宇沢弘文
私の履歴書
私はいま、スペインのバルセロナにいる。戦後約六十年が過ぎ、
内海成治
若い命の無念を何かの形に
05年はインド洋大津波の被害拡大で明けた。
エーリヒ・ケストナー
飛ぶ教室〜第二のまえがき
どうしておとなはそんなにじぶんの子どものころをすっかり忘れることができるのでしょう
榎本保郎
新約聖書一日一章
キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを
榎本保郎
旧約聖書一日一章
すべてこの事においてヨブは罪を犯さず(ヨブ記1・22)
新版 人生の訓練
人目につかない土の上で、苦しみ流した汗はむだではなかった
エミリー・ブロンテ
思想史研究の三準則
もし祈らば、我が祈りは唯一つ、我が唇は呟(つぶや)かん
エミリー・ブロンテ
男が持ちうる最高の妻へ
ハニー、もしかしてぼくが不意打ちみたいな感じでこの世を去ることになったら、
エミリ・ブロンテ
イギリス名詩選
私の魂は怯懦(きょうだ)ではない、この世に吹きすさぶ嵐に戦(おのの)くような、そんな魂ではない。
遠藤周作
夫の宿題
年をとってきたり、もしくは若くても思いがけない不幸や病気に出遭ったりした時、
大西恵
高齢者と筆談 助け励まされ
JR秋葉原駅のホームで今月中旬、お年寄りの男性が声をかけてきました。
大江健三郎
親密な手紙
世界を変える想像力
大江健三郎
鎖国してはならない
きみたちにつたえたい言葉
大原健士郎
人生は旅
若いころには「人生は勝負だ」とか「人生は賭け」だとか考えていた。
緒方知三郎
戦中派不戦日記
諸君は茅野にいる一年生よりはるかに恵まれていることは事実である
緒方貞子
世界と歩む
ずいぶん前、首相官邸に初めて足を踏み入れた時の「ちょっと嫌な感じ」を今でも覚えている。
オグ・マンデイーノ
人生は素晴らしいものだ
忍耐によって運命を支配できることを学びなさい
オグ・マンディーノ
この世で一番の奇跡
愛の秘密を教えましょう。愛を受け取るには、愛されることはもとめずに愛をあたえなければならないという
オグ・マンディーノ
この世で一番の奇跡
憎むより、愛することを選びなさい。泣くより、笑うことを選びなさい。
オグ・マンディーノ
人生は素晴らしいものだ
心にかかることを、今、行いなさい。それができるうちに。
長田弘
死者の贈り物
何でもないもの。朝、窓を開けるときの、一瞬の感情。熱いコーヒーを啜るとき
長田 弘
世界は一冊の本
本を読もう。もっと本を読もう。もっともっと本を読もう。
長田 弘
心の中にもっている問題--詩人の父から子供たちへの45篇の詩
いまはむかし あるところに あべこべの くにががあったんだ はれたひは どしゃぶりで あめのひは からりとはれはれていた
おぞねとしこ
生きる意味
さあ涙をふいてあなたが花におなりなさい。あなたの花を咲かせなさい
落合恵子
絵本屋の日曜日
世の中を、もっとうつくしくするために
か行
カール・ブッセ
詩って何だろう
やまのあなた やまのあなたのそらとおく 「さいわい」すむとひとのいう。
カール・バルト
祈り
天にいます愛する父よ。あなたが、イエスにおいて私たち人間のために、
加古里子
納豆の4人組
私が「さるよりさわぐ3年生」の時、どこで聞いたか、
柏木哲夫
心をいやす55のメッセージ
主は、いつまでも見放してはおられない。たとい悩みを受けても、
加藤シズエ
加藤シズエさんを悼む〜人類愛を体現した人生
加藤シズエさんは大正デモクラシーの中で育ち、人類愛とヒューマニズムを体現した人だった。
加藤 剛
こんな美しい夜明け
ナチス親衛隊軍曹は言う。軍曹 「運が強いな、先生。特赦が出た。残れ、貨車には乗らんでいい」コルチャック 「子どもたちをすぐ降ろしましょう」
神谷美恵子
尼院を出でて
かた、とかんぬきは落ちぬ。尼院の裏戸の小さき隙間より
神谷美恵子
神谷美恵子 著作集 9 「遍歴」
癩者(らいしゃ)に  光うしないたる眼(まなこ)うつろに
肢(あし)うしないたる体(からだ)になわれて
北原白秋
詩ってなんだろう
この道はいつか来た道
菊村紀彦
自分と出会う
今年も、またお盆がやってきました。盆がくると、いつもこの生きものを思い出します。
キム・マクミラン
もっと自分を愛してごらん
もっと自分を愛してごらんすると自分のいいところが見えてくる。
木村 久夫
詩(うた)のささげもの
眼を閉じて母を偲べば幼な日の懐(いと)し面影消ゆる時なし
キェルケゴ−ル
人はただ一度しか生きない
人はただいちどしか生きない。
キェルケゴール
魂への配慮の歴史10
人間は、深い恐れとおののきをもってしか、神と語り合うことはできません。
金芝河
苦行
自由と正義のために
キング牧師
キング牧師
友よ、私は今日あなたがたに言いたい。われわれは、今日も、明日も、多くの困難に直面
ケント・M・キース
それでもなお、人を愛しなさい
逆説の十カ条
黒崎美穂
ばあちゃんの手を引く若者
前方の信号が赤に変わった。車をとめた私の目の前を、
栗原貞子
生ましめんかな
こわれたビルディングの地下室の夜だった。原子爆弾の負傷者達は
小池光
数奇な人生、力強く歌に結実
「数奇な運命」という言葉には他人の人生を横から野次馬気分で眺めるようなところがあるから
小池光2
「痛快な老い」歌う竹山広
 竹山広歌集『遐年(かねん)』(柊書房)を読む。
高 史明
時のかたち
親は子の前を行く・これが言わば、順当な人間界の時のかたちである。
高 史明2
生きることの意味
わたしたちがさざまな出来事に出会い、自分自身を発見していく過程は、
小林研一郎
苦難は夢への試練
戦後間もない頃、ラジオから流れてきた旋律、それはまるで天からの調べだった。
小松原瞳
生きる力
 人類が誕生した百万年の昔から、この地球上に、どんなに多くの人間が生まれ出たことでしょう
後宮敬爾
キリストにある生
望まれていることを知る
コルチャック先生
コルチャック先生
君たちの旅立ちにさいして、いまここに別れを告げなければなりません。
さ行
西郷隆盛
武士道
道は天の道であり、地の道である。人の分はそれに従うことである。
斎藤佳子
命の喜び伝えたい
6年生の女の子が同級生を切りつけて死亡させるという痛ましい事件が報じられた。
坂村真民
生きてゆく力がなくなる時
心一つで楽しく 生きていることが 楽しくならねばならぬ たとえ貧乏していても ベッドに寝たきりでいても
桜井哲夫
桜井哲夫詩集
石川逸子から詩集『千鳥ヶ淵に行きましたか』が 贈られてから
さだまさし
イエスの生と死
風に立つライオン
サムエル・ウルマン
青春とは、心の若さである
人生航路の贈り物
サン・テグジュペリ
星の王子さま(オリジナル版)」 
「あんたは、いまじゃ、ほかの十万もの男の子と、べつに変わりのない男の子なのさ。
C・W ニコル
私たちが果たすべき責任
母子連れのクマが山から下りてきたので今朝は森を通らずに登校するように
シスター・ウェンディー・ベケット
耳をすまして ほんとうにたいせつなこと
「どんな人でも大切にすること、そしてその人たちの生き方や信じることも
司馬遼太郎
司馬遼太郎が考えたこと 15
人間について
篠 弘
現代人の「孤独」
この九月十二日の朝、歌人の島田修二氏が脳出血で急逝された。
島崎光正
悲しみ多き日にこそ
脈 母よ 生ませたまいしその日を別れ 子守唄はもちろんのこと
島崎光正
故園・冬の旅抄
神様 あなたは私から父を奪われました。母を奪われました。姉弟もお与えになりません。
島崎光正
いのちの尊さ
早苗といふは、わがははそはのおん名なり。顔知らず生別れし母のみ名なれば
ジャン・ガロ
愛のいのり
黙って愛しなさい。わたしが愛したように、何も語らずに、しばしば外にさえ表わさずに、
ジョン・ミルトン・スウィーニー
いつだって愛してる
ハニー、もしかしてぼくが不意打ちみたいな感じでこの世を
ジョン・レノン
Imagine
天国は存在しないんだと想像してごらん。やってみると簡単だよ
晴佐久昌英
だいじょうぶだよ
苦しいときは 昔を思い出すといいよ。自分が生まれた日
晴佐久昌英2
星言葉
愛の反対語は憎しみではない。憎しみは屈折した愛だからだ。
晴佐久昌英3
だいじょうだよ
クリスマスの夜は やさしいこころで 迎えたい
晴佐久昌英4
だいじょうぶだよ
贈りもの
晴佐久昌英5
だいじょうぶだよ
病気になったら
セネカ
マルキアへの慰め
「そんなことが起ころうとは、わたしはぜんぜん思っていませんでした」
セネカ2
マルキアへの慰め
ならば、個々のこと一つ一つに涙したところでそれが何になりますか?
セネカ3
マルキアへの慰め
あなたの苦しみは、もしそれになんらかの意味があるとしたら、
千玄室
和と思いやりの心----茶道文化の諸相
二十一世紀、果たして日本の姿がどのようになっているだろうかと想像してみて下さい。
瀬戸内寂聴
雪の中の若者たち
愛することを伝えたい
瀬戸内寂聴2
私たちは心寄せているか
仏教ではこの世の苦を四苦八苦と称している。生、老、病、死の四苦につづいて、
瀬戸内寂聴3
愛と祈りを
人は大抵、自分が幸福な時は、他の世界に目が向かないものです。一頃、
曽野綾子
幸せと不幸せは、いつも半々
私は海外を数多く訪ねた経験から、世界の最低の生活を見てきました。
曽野綾子2
現代に生きる聖書
一連のイエスの預言のなかで、私にとって決定的な意味をもったのは、
曽野綾子3
時のかたち
私にとっても、時に関する決定的な言葉といえば、旧約聖書の中の『コヘレトの言葉』(3・1)以下に
曽野綾子4
心に迫るパウロの言葉
パウロは、私たちがほんものの幸福を手にすることのできる鍵を三個示す。
た行
高木敏子
「ガラスのうさぎ」25年の思い
12月は私にとって特別な月である。61年前の12月8日、太平洋戦争が始まった。
高橋佳子
新渡戸稲造と私
エッ、新渡戸稲造が5千円札に!?」と驚いたのは20年前。
田中和江
父の無念記念日
庭のモミジ葉の木漏れ日が食卓に上がりこみ、ダンスを始める
田中小実昌
田中小実昌エッセイ
死んだらどうなるのだろう。いや、どうにもならないのか。だから、
立花 隆
半歩遅れの読書術
必要があって、出版されたばかりの、山田風太郎『戦中派焼け跡日記』(小学館)を読んだら、
立原道造
優しき歌?』 
夢みたものは ひとつの幸福ねがつたものは ひとつの愛
田村 隆一
詩(うた)のささげもの
わたしの屍体に手をふれるな、おまえたちの手は「死」に触れることができない
ダビデ
聖書 詩編 139
主よ、あなたはわたしを究めわたしを知っておられる。
谷川俊太郎
はるかな国からやってきた
私が生れた時私の重さだけ地が泣いた。私は少量の天と地でつくられた
谷川俊太郎2
愛ある眼
沈黙は何と大きいことだろう。私たちをとり囲んで重く、
谷川 俊太郎3
詩ってなんだろう
ゆづり葉 子供たちよ。これは譲り葉の木です。この譲り葉は 新しい葉が出来ると
谷川 俊太郎
空の青さをみつめていると
一つの大きな主張が 無限の時の突端に始まり 今もそれが続いているのに
高田 好胤
心の添え木 父--高田好胤の書とことば
夫が妻に、妻が夫に、そして親が子に、子が親にと、親しき者同士がお互いにと残し合う
高橋是清
生を踏んで恐れず〜高橋是清の生涯
私の半生は、すでに人の知る通りであって、多くは自分の不明から、
高橋祥友
こころ元気ですか 男性編?
自殺未遂
高村 光太郎
智惠子抄
あどけないはなし
竹内浩三
日本が見えない
日本が見えない この空気 この音 オレは日本に帰ってきた オレの日本に帰ってきた
竹内てるよ
海のオルゴール
生まれて何も知らぬ 吾子の頬に
武智三繁
あきらめたから、生きられた
ある人が言うには、あきらめるって仏教の言葉らしいんだ。
タゴール
タゴール著作集
意味は人間の中に 
タゴール
タゴール全集
ここに あなたの足台がある。もっとも貧しい人、もっとも賎しい人、
橘玲
もうひとつの幸福のルール
人は誰も幸福に生きたいと願う。だが幸福を定義するのは思いのほか難しい。
橘玲
日曜日の人生設計
世界は、哀しみに満ちている。
チェラノのトマス
聖フランシスコの祈り
父よ息子たちをお忘れにならないでください
坪内稔典
芭蕉の名言を読み解く
芭蕉の「おくのほそ道」は、「月日は百代(はくたい)の過客
チャップリン
淀川長治の証言 チャップリンのすべて
私は独裁者にはなりたくない。支配はしたくない。
ツェーザル・フライシュレン
心に太陽を持て
心に太陽を持て、あらしが吹こうが、雪がふろうが、天には雲、
ディキンソン
こころにひびくことば
わたしが生きているのはむだにならないでしょう もしだれか ひとりでも その心のさけるのをふさいであげられたら
手塚治虫
手塚治虫
ぼくは医者だったもんだから、医者の漫画をいくつか描いていて、
デュ・ベレー
ルネサンスの詩
人生は永遠に比べれば一日の長さすらない、めぐる歳(とし)は
長薗安浩
草にすわる
アフガニスタンやイラクの若者を持ち出すまでもなく、
辻 信一
懐かしい未来
子どもの頃、学校で未来の予想図を描かされた。
辻 信一2
死者の日
この季節にはメキシコの「死者の日」を思い出す。
辻 信一3
芝生をこえて
70年代末、アメリカに移住したぼくは、芝生の風景に衝撃を受けた。
辻 信一4
エスペランサ
ぼくたちは待つことがますます苦手になっていないか。
ドゥンガ
日本にサムライは、いるか?」 
日本は多くの意味で、非常に閉鎖的と感じるね。だが、いまや世界はすごい
トマス・ア・ケンピス
中世の牧会者たち
ほとんどの人びとが、正しい生活をするよりも、知識を得ることを先にする。
トマス・ジェファースン
エイブ・リンカーン
すべての人は平等につくられた。そして、生命の権利、自由の権利、幸福を求める権利、
トルストイ
文読む月日
愛----それは神的本性の顕現であり、その本性にとって時間はない。
トルストイ
人はなにで生きるか
わたしは知ったのだ--人はだれでも自分自身のことを思いわずらうことによってではなく
ドロシー・ロー・ノルト
子どもが育つ魔法の言葉
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
トンマーゾ・カムパネルラ
ルネサンスの詩
いかに哲学すべきか
な行
中川五郎
高田渡を悼む
自分の人生の伴奏者。しょっちゅう会っていなくても、話をしなくても、
中野孝次
 「縁<感想>」
僕はいま不思議な縁で、鎌倉・七里ヶ浜の聖テレジア病院に入っています。
中野孝次2
風の良寛
世間一般の人がどこそこの何の某であるのに対して、良寛はどこにも属さない。
中村鈴子
娘の手紙
50年前の1954(昭和29)年6月、療養所に入院している私のもとに、
中村 時広
2001年5月31日 : 日本経済新聞朝刊
夢追い続けた人
中村哲
アフガニスタンの診療所から
今や全世界で、皆がおそれながらも口に出しにくい事実は、
中坊公平
わたしと両親
 虚弱児として生まれ育った人間がどのように生きてきたか。
中原道夫
私を変えたことば
雪の朝 寒いのは嫌だと、いつも言っていた妻が なぜ、こんな日を選んだのであろうか
新垣勉
オンリーワン〜ラテンの血と沖縄の血と〜
生まれて間もなく、視力を失った。助産婦が誤って劇薬を
新渡戸稲造
自分をもっと深く掘れ
英語「チアフル」が教えてくれる生きることのありがたみ新渡戸稲造は『武士道』第一章の冒頭で、武士道を桜の花にたとえている。
新渡戸稲造
新渡戸稲造『武士道』の根と花
新渡戸稲造は『武士道』第一章の冒頭で、武士道を桜の花にたとえている。
ネヴィル・スミス
病院にいる人々への祈り
主イエスさま、あなたが頭を垂れ、死なれた時、大きな暗闇が地を覆いました。
ネヴィル・スミス2
病院にいる人々への祈り
父なる神さま、病院の中で流された涙をかえりみてください。
は行
灰谷健次郎
「アメリカ嫌い」〜いのちまんだら・2
子供の本が危ない 子どもの本がきわめて不振だ。わたしが見ても危機的な状況だと思う。
ハイネ
ハイネ詩集
日は高く空にあり、白き雲、太陽のめぐりに浮かび、海は静か。
パスカル
パンセ
人間は一茎の葦(あし)にすぎない。自然のうちでもっとも弱いものである。
ハルシャニィ
異星人伝説
道徳哲学の主要な役割は、人間の幸福を増進させることです。
バッハ
聖書の音楽家バッハ
いつの日かわれ去り逝くとき、わがもとをば去りたもうな。われ死に面するとき、
パウロ
聖書 コリントへの手紙
そこで、わたしはあなたがたに最高の道を教えます。
ハドソン・テーラー
ハドソン・テーラーの生涯とその秘訣
どんな人の生涯にも、先を急ぐことも道を開くこともやめ
林 久見
愛のきずなにささえられて

私は体が不自由です。でも私は知っています。神のお力でいつか自由になれることを-----

ハリール・ジブラーン
神谷美恵子の世界
なんと美しく尊いものであることか、地球よ。光に全き忠誠をささげ、
早野透
「ユニセフ最前線」に思うこと
民主党の衆院議員の井上和雄さんが書いた「ユニセフ最前線---戦争を止めた人間愛
ハワード・アーノルド・ウォルター
讃美歌への招待
私は誠実でありたい、私を信じる人々がいるから
日野原重明
働くということ
私が医学の道を選んだきっかけは、「シュバイツァー」でした。
ビートたけし
僕は馬鹿になった。」
友達 困った時、助けてくれたり 自分の事のように心配して相談に乗ってくれる
病者の祈り
ニューヨーク大学リハビリテーション研究所の壁の祈りの詩
大事をなそうとして 力を与えてほしいと神に求めたのに
 慎み深く従順であるようにと 弱さを授かった
フィリップ・P・ブリス
讃美歌への招待
私に下さい。もっと浄らかさを。もっと内なる戦いを。もっと苦難に際しての忍耐を
藤木正三
福音はとどいていますか
私達は名誉を求め、財を求め、幸福を求めて生きています。
藤木正三
福音はとどいていますか
才能、境遇、出会い、運その他を、有無を言わさずに負わされて、
フジ子・ヘミング
灰は鳥のさえずる森に
死は誰にも突然おそうかも。誰も自分の最後はどんな風か考えるだろう。
藤沢量正
孤独が癒されるとき
人は、縁にふれては苦悩し、時に絶望し、場合によってはその進路をふさがれて、
船橋 洋一
ここに米国の強さを見る
同時多発テロが起こったのは9月11日。911は米国では緊急電話番号である。
ブラウニング
こころにひびくことば
かたつむりといばら
フランシス・ファーセラス・チャーチ
サンタの友だちバージニア
サン新聞社さま----わたしは八歳です。私の友だちに「サンタクロースなんているもんか」っていっている子がいます。
ブレア首相
ダイアナ・メッセージ
たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、
フリードリヒ・グルダ
フリードリヒ・グルダ最後の録音「シューベルト即興曲op.90、楽興の時op.94、ゴロウィンの森の物語」
シューベルトは私にとって今日に至るまで、一定の距離」を置き控えめな関係を保ちたい作曲家であり
古田秀一
ばらの騎士
カルロス!私は、元々業績のある指揮者が、老いを迎えた或る日突然、
ベートーヴェン
歓喜に寄す
おお友よ、このような音ではない!もっと快いもっと歓びに満ちたものを歌い出そうではないか!
ベートーヴェン2
第九交響曲「合唱」第4楽章
歓喜よ、歓喜よ、歓喜よ、美しい神の閃光、楽園からの娘よ!
ヘルマン・ヘッセ
ヘッセ詩集
精神は神のごとく永遠である。われらはその似姿であり道具であって、
ヘルマン・ヘッセ2
ヘッセ詩集
神さま、私をして私に絶望させて下さい。しかし、あなたに絶望させないで下さい!
ヘルマン・ヘッセ3
20代の私をささえた言葉
君が幸福を追求しているかぎり、君は幸福者であり得るまでには熟していない
ヘンリー・ナーウェン
愛されている者の生活
わたしは、はるか以前からあなたの名を呼んだ。
ヘンリ・ミトワ
サライ・インタビュウー
いま思うことは、吾唯知足(われただたることをしる)。欲を出さない、ということです。
ホイヴェルス神父
ホイヴェルス神父 日本人への贈り物
最上のわざ この世の最上のわざは?楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り
フォーサイス
祈りの精神
人は苦痛が去ることを願って祈り、熱情をこめて祈るが、その結果精力を消耗し、
保阪正康
時のかたち
十五年ほど前のことだ。高校生だった息子が、不意に私の仕事部屋に入ってきた。
星野 富弘
愛、深き淵より
私は自分の足で歩いている頃、車椅子のひとを見て気の毒に思った。
星野 富弘
かぎりなくやさしい花々
わたしは、ドクダミという草がきらいでした。へんなにおいがするし、どそ黒い葉っぱに
ボヤンヒシグ
ナラン(日本)への置き手紙
すきとおる二十年の向こうから 何十行 縦書きで 素直に
ボンヘッファー
主のよき力に守られて
主のよき力に、確かに、静かに、取り囲まれ、不思議にも守られ、慰められて、
ボンヘッファー
クリスマスの奇跡
マリーア・フォン・ヴェーデマイアーへの最後の手紙の中の詩
ボンヘッファー
主のよき力に守られて
自由への道の諸段階
ボンヘッファー
主のよき力に守られて
他人の前でありのままであること
ボンヘッファー
クリスマスの奇跡
私たちのうちのいったい誰が、クリスマスを適切に祝うのでしょうか?
ま行
マザー・テレサ
マザー・テレサ 語る
人々は、理性を失い、非論理的で自己中心的です。
マザー・テレサ2
マザー・テレサ 語る
考える時間を持ちなさい。祈る時間を持ちなさい。笑う時間を持ちなさい
マザー・テレサ3
マザー・テレサ 語る
イエスよ、私をお救いください。愛されたいという欲望から。ほめられたいという欲望から
マザー・テレサ4
マザー・テレサ
大切なことは、たくさんのことをし遂げることでも、何もかもをすることでもありません。
松田由佳
女の気持ち
 9歳下の妹が生まれ、父に甘える役は妹の”専売特許”になった。
マティ・ステパネク
ハートソング
ほんとうの意味
マティ・ステパネク
ホープ・スルー・ハートソング ぼくらの願い
いつかを信じて
まど・みちお
詩ってなんだろう
どうしていつも
マリー・ノエル
いばらに薔薇が咲き満ちる
もしも私が、自分の自我という最も高い山に登っていくのなら、
マリー・ノエル2
いばらに薔薇が咲き満ちる
疲れきった時の祈り
マルティン・ルター
クリスマスブック
ガリラヤのナザレからベツレヘムまでは、どうしてもまる一日以上はかかったでしょう。
マルティン・ルター
希望の言葉
たとい、この世界が明日くずれ去ろうとも わたしはわたしのリンゴの木を
ミス・デントン
なくてはならぬもの
ミス・デントンという方のお話をさせていただきます。私は、この方は本当に大切なものを神様に捧げた方だと思います。
三浦綾子
祈り
神よ 人生は 一人 林を 歩み行くような ものかも 知れません
水野源三
まばたきの天使
有難う 物が言えない私は 有難うのかわりにほほえむ 朝から何回もほほえむ 苦しいときも 悲しいときも 心から ほほえむ
皆川 達夫
自分と出会う
音楽も人をすくうことができる
ミヒャエル・エンデ
エンデのメモ箱
子ども殺し だれのなかにも子どもがひとり。ほかの世界からきた子ども。この世の王たちは、この子をゆるさない。
宮崎駿
全生園の灯
日曜日は歩くことにしている。歩くといっても、二、三時間の散歩に過ぎないのだが、
宮沢賢治
よだかの星
羊歯(しだ)の葉は、よあけの霧を吸って、青くつめたくゆれました。
宮沢賢治
宮沢賢治詩集
けふのうちに とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
宮沢賢治
ポケット詩集
雨ニモマメズ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモ マケヌ
ミレー
心に風が吹き、かかとに炎が燃えている
神のこの世界 ああ、この世界、もっと親しく抱きしめたい!風を、広い灰色の空を
村上 昭夫
福音書を読む イエスの生涯
病い 病んで光よりも早いものを知った。病んで金剛石よりも固いものを知った
メイ・サートン
一日一日が旅だから
八十歳を迎えるいま私は船脚をゆるめます安全に着岸できるようにと。
モーツアルト
素顔のモーツアルト
ここのところ、夜となく昼となく、私は希望と恐れの間をさまよっています。
森崎和江
もう泣くのはやめましょうね
筑紫の三婆(さんばば)----勝手にこう呼んで敬愛している作家が
森崎和江
いつもそばに本が ? 
或る日二十代の未知の女性が空路利用で来訪。執筆中のコタツへ通す。
や行
ヤコブ
聖書
わたしの兄弟たち、自分は信仰を持っていると言う者がいても、行いが伴わなければ、
柳田邦男
生を通していのちを見る
最近、私がすごく大事にしているのは「意味のある偶然」ということです。
山上栄子
ひととき
2年前に現在の一戸建てに引っ越してきた。男の子が2人いるため、
山崎佳代子
橋の下を緑の水は流れ
目をさますと、バスは村にさしかかっていた。日曜日の午後の陽光に、
山田康文
おかあさん、ぼくが生まれて ごめんなさい
ごめんなさいね おかあさん ごめんなさいね おかあさん ぼくが生まれて ごめんなさい
山之口貘
山之口貘詩文集
悪夢はバクに食わせろと むかしも云われているが
山之口貘
山之口貘詩文集
たった一つの地球なのに、いろんな文明がひしめき合い、寄ってたかって血染めにしては
ユルゲン・モルトマン
無力の力強さ
主よ、私たちは、自分自身のためにではなく、暗やみの中で
葉祥明
ヒーリング・キャット(「きみは守られている」) 
きみは、苦しむためにこの世に 生まれて きたんじゃない。
葉祥明
幸福を生きる
 「自分に恋しなさい」自分を嫌ってはいけません。自分を敬いなさい。自分に恋しなさい!
養老孟司
 他人を理解する
いまの日本社会がどうなっているのか、よくわからないことが多い。
与謝野晶子
君死にたまふことなかれ「明星」
ああをとうとよ、君を泣く、君死にたまふことなかれ、末に生まれし君なれば
義家弘介
ヤンキー母校で吼える
二月十四日(月)。朝の全校集会で、在校生に今年度限りで母校を退職することを告げた。
吉岡忍
 「自分以外はバカ」の時代 
確証はない。印象だけがある。けれど、ぼんやりしたその感じが気になっている。
吉本多香美
生命は自然から贈り物
ほぼ一年じゅう青い空が広がる米国アリゾナ州。
ヨハネ
福音書を読む イエスの生涯
すべてに喜びを持つに至らんためには、何事にも喜びを持とうと望んではならぬ。
ヨハネス・ブールス
魂の配慮の歴史12
いずれの場合にも、私は、まずこう言いたいと思います。
ヨハネ・パウロ2世
広島 平和アピール
戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。
ら行
ラインホルト・ニーバー
終末論的考察
神よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
ラリー・ドッシー
祈る心は、治る力
祈りのための祈り
李登輝
武士道解題
私は本当に子どものころから自分の内面(小宇宙)を見つめ続けてきました。
リルケ
時祷詩集〜第一部
まさに世紀の代わろうとする、そのときにわたしは生きる。
大きなページのあおる風を肌に感じる。
リンカーン
ゲッティスバーグの演説
「いまから八十七年前、われわれの祖先は、この大陸に一つの新しい国を生み出しました。
ルドヤード・キップリング
新版人生の訓練
もし周囲の人がみな度を失って あなたを非難しても、落着きを失うことがないなら
レイチェル・カーソン
センス・オブ・ワンダー
人間を超えた存在を意識し、おそれ、驚嘆する感性をはぐぐみ強めていくことは、
レイチェル・カーソン
レイチェル・カーソン
子どもの世界は新鮮で美しく、驚異と感激にみち溢れている。不幸にもわれわれの多くは、
老子
タオ
もっとずっと大切なもの
老子
タオ--老子
ぼくらはひとに 褒められたり貶されたりして、びくびくしながら生きている。
ローレン・アクトン
きょうを生きる言葉一日一篇
外に目をやって、無数の輝く天体をちりばめた黒い宇宙空間をながめたとき、
ロバート・シュラー
いかにして自分の夢を実現するか
小さなステップでも踏み出した人の「一歩」の差は大きい
ロバート・シュラー
「お金持ち」よりも幸せになれる方法 
あなたは本当に幸せですか?」
わ行
鷲田清一
 「死なないでいる理由」
ひとが成熟するというのは、個人ならびに共同の生活が危機に瀕したとき
渡部潤一
決断が生む多次元宇宙
あの時の決断は間違っていたのだろうか。生きていくうえで、