Home Page Image
   
 

 

 

 眼を閉じて母を偲べば幼な日の
    懐(いと)し面影消ゆる時なし

 音もなく我より去りしものなれど
    書きて偲びぬ明日という字を

 おののきも悲しみもなし絞首台
    母の笑顔をいだきてゆかむ

「きけわだつみのこえ」収録

宋 左近 : 著 : 「詩(うた)のささげもの」 : 新潮社