Home Page Image
   
 

 

 

科学という「バラ色の未来」

 医療技術の進歩にも、目覚しいものがある。かつてなら死ぬしかなかった病気も、死ななくてすむようになってきている。このような事実からも端的にわかるように、医療の進歩の原動力は、死への恐怖である。人間は死を恐れ、死を避けようとして、技術をここまで進歩させてきた。

 このこと自体は、我々にとって、おそらくは幸福なことである。しかし、どうなのだろう。とりあえずの死は回避されても、死への恐怖そのものは少しも解消 されていない。恐怖を抱きつつ生きているというわれわれの人生のありようは、少しも変わっていないのである。死に直面することを先延ばしし、考えることを 避けてきた結果、我々は、人生にとって実は命よりも大事なことを、取り逃がしてはいないだろうか。

 あるいは欲望の問題もそうである。受精卵に手を加え、好みの子供を作り出すなど、そんな子供を大事に感じるものだろうか。このような欲望の満足は、はたして人生の幸福だろうか。
 科学技術と人間の幸福について、私は考える。


全能の科学技術をもってすれば、人類の未来はバラ色のように思えるが、実は案外そうでもない。科学の進歩に 見合っただけの精神の進歩を、我々は経ていないからである。死を恐れ、欲望に流れ、人生の意味を知ろうともしない我々の精神は、全く進歩していないからで ある。このギャップは、これからますます大きくなる。さてさて----.。

池田晶子 : 著 : 『科学と「バラ色の未来」』 : 地球くらぶ : 2004年10月3日朝日新聞統合版