Home Page Image
   
 

 


わたしは、ドクダミという草がきらいでした。へんなにおいがするし、どそ黒い葉っぱに、ミミズのような赤い茎が、じめじめした日陰にはえているのですから、名まえからして、さわれば、指がくさってしまうような気がします。

 でもわたしは、車椅子にのるようになって、とってもだいじなことを知ることができました。
 わたしが元気だったころ、からだの不自由な人を見れば、かわいそうだとか、気味がわるいとさえ思ったことが、ずいぶんありました。

 しかし、自分が車椅子にのるようになって、はじめてわかったことなのですが、からだが不自由な自分を、不幸だとも、いやだとも思わないのです。

 けがをして、一、二年は、からだのことでなやんだり、くるしんだりしました。でも、うけた傷は、いつまでも、ひらきっぱなしではなかったのです。傷をな おすために、そこには新しい力が自然とあたえられ、傷あとはのこりますが、そこには、まえよりつよいものがもりあがって、おおってくれます。からだには傷 をうけ、たしかに不自由ですが、心はいつまでも不自由ではないのです。

 不自由と不幸は、むすびつきやすい性質をもっていますが、まったく、べつのものだったのです。

 不自由な人を見て、すぐに不幸ときめつけてしまったのは、わたしの心のまずしさでした。
 だから、ドクダミを見たとき、わたしは思いました。”自分のまずしい心で、花を見てはいけない・・・・・”と。

 そのときから、ドクダミが美しく見えるようになったのです。ミミズのようだと思っていた赤い茎は、銅の針金のようにたくましく、いやだったにおいは、ほのかな香料のようでした。上をむいて、四つにひらいているまっ白い花は、聖なる十字架のようでした。

 いやだと思っていたものが、美しく見えるようになった。・・・・・・・それは、心のなかに宝物をもったようなよろこびでもありました。

 ドクダミの花の前で、わたしは、またひとつ、おとなになれたような気がしました

ドクダミ

おまえを大切に
摘んでゆく人がいた
臭いといわれ
きらわれ者の
おまえだったけれど
道の隅で
歩く人の
足許を見上げ
ひっそりと生きていた
いつかおまえを必要とする人が
現れるのを待っていたかのように

おまえの花
白い十字架に似ていた

偕成社 : 星野 富弘 著 : 「かぎりなくやさしい花々」