Home Page Image
   
 

 

 

大事にしたいものは清貧

 いま思うことは、吾唯知足(われただたることをしる)。欲を出さない、ということです。
 禅堂にいると、それこそなにもないんですよ。カネもなければ、着るものだって何百年とモデル・チェンジのない衣だけ。それも夏と冬の2枚 しかない。ラジオもテレビも新聞もない。食い物は一汁一菜。一番質素に暮らしているんです。

それでも人間は生きていけるんじゃないかと。それで充分じゃな いかと。もしそれになにかが加われば、ものすごく豊かに感じるわけです。だからまず一番どん底の暮らしを知って欲しいと思う。いまは生まれたときからなん でもありますから、貧乏を知らない。際限のない欲が人間を不幸にしているのです。利休がいったように、”家は漏らぬほど、食は飢えぬほど”がいい。

 1年間に3万人以上もの自殺者が出ているそうですね。現代は多くの人が精神的に追いつめられて、心が曲がってしまう時代なのでしょう。顕微鏡でゾウリム シやアメーバを見るでしょ。それを針で突っつくと逃げて行くんです。意志がないように見える虫でも、死にたくないんですね。人間って、あまり賢いとよくな いね、理屈ばかり考えますから。人間は、誰だって片道切符です。一日暮らしなんです。僕なんか、朝、目が覚めて”これ本当に生きているのかいな。ひょっと したら、生きていないのに空想で夢まぼろしを見ているのかもしれない”なんて。寝るときも、”はい、さようなら”で休みます。

 一日暮らし。いい言葉でしょ。明日はおまけにもらった一日。心貧しければ大天地、大ならず。心豊かなれば小天地、小ならず。狭い心からは狭い世界しか見 えないけれど、広い心でいればどこにいても宇宙を感じとれます。そうやって生きると、毎日毎日が平和で楽しい。日々是好日(ひびこれこうじつ)です。

ヘンリ・ミトワ(天竜寺南芳院留護) : サライ・インタビュウー : サライ2003年5月15日号 : 小学館