Home Page Image
   
 

 

灰は鳥のさえずる森に

 死は誰にも突然おそうかも。誰も自分の最後はどんな風か考えるだろう。ビルの上から飛び降り自殺をするツムジマガリをのぞけば誰もが死をお それている。私もおそれているから道ばたで坐り込んでいる乞食や行き場のない動物たちや飢えている人種たちにせっせと助けをあたえて、へんな死に方をしな い様、神に祈りつづけている。聖書にはいたるところに”おそるるなかれ”としるしてある。神のおきて”殺すなかれ”と”汝のとなりを愛せよ”を日常まもっ ていれば神はまもって下さると信じている。

 死ぬ時はおせっかいやきの人間どもにいてもらいたくない。猫と犬だけにいてもらいたい。灰は鳥のさえずるヨーロッパの森に、天国に行ったらすべての動物たちとふかい森に住んで人間とはたまにだけ逢う事にしたい。

 人間は誰も少しずつ狂っていると思う。ピントのはずれた同士で、戦争はたえる事もなく罪のない人々が残酷に殺されて悲劇はたえる事ない。宗教のせいと人はよく云うけれど”殺せ”などと云うのは宗教ではない。狂っているだけだ。

”おのれの如く汝のとなりを愛せよ”と”殺すなかれ”の二つだけをまもっていれば良いのになぜ人々はそれさえやれないのであろうか。

フジ子・ヘミング : 著 : 「灰は鳥のさえずる森に」 : 文芸春秋2005年1月号 : 文芸春秋社