Home Page Image
   
 

 


人はただいちどしか生きない。

死が到来したとき、君の人生がじゅうぶんによきものであったならば、

すなわち正しく永遠と結ばれるよきものであったならば、

神は永遠にほむべきかな。

しかし、そうでないならば、

それは永遠に癒されないだろう。

人はただいちどしか生きないのである!

人はただいちどしか生きない。

この地上においてはそのようにさだめられている。

そして、君はいまこのいちどだけのものを生き、

時間の中でその拡がりは刻々消え行くにもかかわらず、

愛なる神は天にいまし、大きな愛を持って君を愛し給うのである。

しかり、彼は君を愛し給う、それゆえ神の喜び給うことは、

神が永遠のために君にたいして欲し給うことを君が欲することであり、

君が苦しもうと決意することである。