Home Page Image
   
 

 

 

 

マルキアへの慰め

 「そんなことが起ころうとは、わたしはぜんぜん思っていませんでした」とあなたは言うのですか。起こりうるとあなたが知っていること、多く の人に起こったのをあなたが見ていることが、自分には起こらないとでも思っていらしたのですか?芝居の科白(せりふ)ですが、こんな有名な詩句がありま す。

 誰かに起こりうることは、誰にでも起こりうるのだ。  -----ブリリウス・シルス

 あの人が子どもを失ったのなら、あなたも子供を失いうるのです。あの人が有罪を宣告されたのなら、あなたの無実も危険に曝されているので す。いつわが身に襲いかかるかもしれぬ災厄を、実際にそれが来るまでは来るものと予想しないでいる。この思い誤りがわれわれを欺き、われわれの力を奪うの です。災厄が現に来たとき、災厄からその暴力を奪い去ることのできるのは、そういうことは将来必ず起こりうるとふだんから予測していた人だけです。

 マルキア、われわれのまわりに外面だけ輝いているものはすべて----子供でも、官職でも、富でも、大広間でも、閉め出された依頼者(クライアント)た ちで溢れかえる控えの間でも、有名な家名でも、高貴な自分の美しい夫人でも、そのほか不確かな束の間の偶然に依存するものはみな----その輝きはあなた のものでなく、よそからの借り物なのです。

そのうちの何一つとして贈り物としてあなたに与えられたものはありません。寄せ集めの、やがては持ち主に返さね ばならぬものたちによって、人生の舞台は飾られているのです。そのあるものはその日のうちに、またあるものは次の日に返さねばなりません。終わりまで手元 に残るのは僅かなものです。

 だからわれわれが、自分の所有物の中に座りこんでいるかのように思いこむ理由はまったくないのです。これらのものはみな借り物として預かっているだけで す。使用することも利用することもわれわれには任されていますが、その借用期限を決めるのはこれらのものの贈り主です。ですからわれわれは、未定のある時 まで貸し与えられているものも、いつでも要求され次第ただちに不平を言わずに返す心の用意をしておかねばなりません。債権者と争いを起こすのは、最低の責 務者の仕業です。

 ですからわれわれは、----出生の掟によってわれわれより長生きしてもらいたいと願っている者も、彼ら自身の正当な願望によってわれわれより先に逝き たいと願っている者も----その誰をも、その長生きを、いや、ほんの僅かの生さえ保証されていない者として愛さねばならないのです。ですからわれわれは ときどきわれとわが胸に問うて、すべての者はまもなく別れる者である、いやもうじきにも別れる者であると覚悟して愛すべきだ、ということを思い出さねばな りません。運命によって与えられたものはいかなるものでも、それを保証する者なしとして所有すべきなのです。
                「マルキアへの慰め」9−5〜10―3

中野孝次 : 著 : 「ローマ人の哲人 セネカの言葉」 : 岩波書店