Home Page Image
   
 
 


いつの日かわれ去り逝くとき、
わがもとをば去りたもうな。

われ死に面するとき、
汝 立ち出でてわが盾となりたまえ!

恐怖と不安の闇
わが心を囲み閉ざさんとするとき、
われをばこの怖しき淵より引き出し給え!
汝のこうむりし不安と責苦のゆえもて。

(マタイ受難曲第62曲コラールより)

われら涙流しつつひざまずき、
御墓なる汝の上に願いまつる----

憩いたまえやすらかに、
  安らかに憩いたまえ!
安らい給え、苦しみぬきし
  御肢体よ!

御身を納めし墓と墓石こそ
わが悩める良心の
うれしき安息の枕、

また魂の安けき逃れ場にててあれば。
かくてこの目はこよなく満ち足りてまどわん。

憩いたまえ安らかに、
  安らかに憩いたまえ!

憩いたまえ安けく、
  こころより憩いたまえ!

憩いたまえ安けく、
  安けく憩いたまえ!

(マタイ受難曲第68曲終曲合唱より)

音楽之友社 : 杉山 好 著 : 「聖書の音楽家バッハ」 より

 

J.S.バッハの音楽は、それ自体が「祈り」になっています。バッハは特別の書簡を残していませんが、その「祈り」の最も崇高な作品の一つが「マタイ受難曲」です。