Home Page Image
   
 
 


「いまから八十七年前、われわれの祖先は、この大陸に一つの新しい国を生み出しました。それは、自由の中にはらまれ、『すべての人間は平等に作られた』という主張にささげられた一つの新しい国でした。

 いまわたしたちは、その国が---もしくは、このようにしてはらまれ、このような主張にささげられた、いかなる国にせよ---それがはたして長くつづき 得るかどうかをテストする大きな国内戦に従事しています。

そして、わたしたちはその戦争のなかの一大戦場に、いま、こうして集まっています。わたしたちが ここにきたのは、この国が生きながらえるようにと願って、ここでいのちをささげた人びとのために、その最後の安らぎの場所として、この戦場の一部をささげ るためであります。わたしたちが、このようなことをするのは、まったく適切でもあれば、当然でもあります。

 しかし、もっと大きな意味では、わたしたちには、じつは、この土地をささげるなどということは、できないことなのです。この土地を神聖なものとして、こ の土地に栄光を与えることは、わたしたちにはできません。生き残ったと戦死したとを問わず、ここで戦った勇敢な人びとこそ、この土地を神聖な土地としてい るのです。

わたしたちには、それに対して何かつけ加えることもへらすことも、とうてい、できません。全世界の人は、いまここでわたしたちの語っていること などを、長くは記憶していないでしょう。

しかし、あの勇士たちがここでしたことは、けっして忘れることができないでしょう。ここで戦った人びとが、ここま で、このようにりっぱに進めてきた未完の事業に、むしろ、生きているわたしたちこそ、ささげなければならないのです。

わたしたちこそ、われわれの前に残っ ている偉大な任務に身をささげなければならないのです。そして、その未完の事業、偉大な任務とは、ほかでもありません。

これら名誉の戦死者が最大限の献身 をおこなった、あのたいせつな主義に対して、わたしたちがますます彼らから献身を学びとること、また、わたしたちが、これらの戦死者の死をけっしてむだ死 にとはさせないことをここで高く決意すること、さらにまた、この国が神の御手のもとに、もう一度自由の新たな誕生をむかえるようにすること、そして、人民 の、人民による、人民のための政治を、断じてこの地上から死滅させないこと、であります。」

 : 1863年11月19日 : 「ゲッティスバーグの演説」


 「あなたがわたしに同情し、わたしのために祈ってくださると知って、ほんとうにうれしく存じます。

わたしたちは、いま大きな試みを通り抜けようと しています。火のような試みです。わたしは---いや、わたしばかりでなくわれわれみんなそうなのですが---天におられる神の目的をはたすための、神の 手の中にあるささやかな道具にすぎませんのに、そのわたしが、いま、たいへん重大な責任の位置についています。

それでわたしは、これまでずっと、わたしの することがすべて神さまの意志にそってくれるように、また、たぶんそうであってくれただろうと心から願ってきましたし、また、神さまの力ぞえを切に求めて もまいりました。

しかし、神さまから与えられた光の中でわたしがじぶんの最善をつくそうと努力したあげくに、けっきょくじぶんの努力が失敗だったと気がつ くようなことがあったとしても、わたしはやはり、何かわたしなどにはわからない目的のために、神さまがべつのことを意志されているのだと信じるほかはあり ません。

もしも、わたしがわたしの考えたとおりできたのであったら、この戦争ははじまらなかったろうと思います。また、わたしの考えどおり、できたので あったら,この戦争はとうに終わっているはずでした。それなのに、ごらんのとおり戦争はつずいています。

ですから、わたしたちにはわからない何か神秘な、 神さま自身のかしこい目的があって、神さまが、こういうことを許しておかれるのだ、と信じなければなりません。

私たちの知恵はかぎられていて、その目的を 理解することはできないかもしれませんけれども、それでもわたしたちは、この世界を創造された神がやはり世界を支配しておいでになる、と信ぜずにはいられ ません。」

 : 南北戦争のさなかに、リンカーンが「奴隷解放宣言」を出しても南部の黒人たちに反響を見ずリンカーンの北軍 の敗戦が続き、リンカーンの政府が倒れそうな時に、あるクエーカー教(イギリス国教会に反対してアメリカに渡ったピューリタンの1派)の婦人がリンカーン の奴隷解放宣言に感謝してホワイト・ハウスに訪れた時にリンカーンが答えた言葉

ポプラ社 : 吉野源三郎全集4 : エイブ・リンカーン